やっさん’sブログ

2019年

12月

04日

レノファ山口 菊池流帆

 

我がレノファ山口、センターバックにいるルーキー菊池流帆選手。闘志むき出しのプレイで荒削りだが観客を魅了する期待の選手。

岩手県出身で188cmという恵まれた体格を武器に外国人選手との対戦では異常に燃えるタイプです。名門青森山田高校には普通受験で入学し一般学生としてサッカー部に入部。信じる力と努力でプロサッカー選手に。

 

東日本大震災で被害を受けた彼の地元岩手に慰問にきたキングカズとの出会いがきっかけで大好きなサッカーをやめずに続けてきたと彼のブログに綴ってありました。そしてあるテレビ番組をみているとこの映像が目に飛び込んできて一瞬で流帆だ!!とわかりました。まだあどけない流帆だ!!と。

 

これからの成長と活躍が本当に楽しみな選手です。みなさんも期待してやってください。試合の解説者も実況アナウンサーもどの試合でも「闘志あふれる最近ではあまりいないタイプの楽しみな選手ですね。」と絶対に話題に出してくるぐらい注目されているルーキーです。

2019年

12月

04日

MPV スピーカー取り付け

 

最終型MPVにスピーカー取り付け。

 

営業回りに使われているMPV、音楽好きなオーナー様のご要望でとにかく低価格で、だけど音楽性を豊かにというかなり難しいリクエスト。(笑)

 

とにかくスピーカーの交換ですね!!

 

ということでJBLのGTO600C。

 

30000円クラスのエントリータイプではよく見る国産の同価格よりも表現力のあるスピーカーです。MPVのドアは良いことにサービスホールの無いモジュールタイプのドアですのである程度の音質が確保出来ますね。

 

ツイーターは純正位置に目立たぬように付属アダプターで埋め込みました。

 

ヘッドユニットは純正ではなくラッキーなことに社外ナビがついていましたので調整を施して納車です。

 

ジャズなんかも聴かれるオーナー様ですので結構良い感じで鳴っていますので喜んでいただけました。

2019年

12月

04日

アルトワークス 音質アップ

 

アルトワークスにヘッドユニットとスピーカーを取り付けさせていただきました。

 

スピーカーは軽くリーズナブルにとお考えでしたが音楽好きなオーナー様でしたのでキッチリ音質アップ作業工程を説明させていただいてご納得のうえドアチューニング他のフル作業バージョンでいかせていただきました。

 

ヘッドユニットはパイオニアDEH-970。

 

ナビは必要ないということで音に特化した数少ないヘッドユニットのDEH-970に決定。

35000円という価格からは考えられない調子機能を内蔵したヘッドユニットです。

 

量販店によって価格破壊されたヘッドユニットラインナップ、メーカーさんもこの価格をはじき出さないといけないのは大変な時代です。

 

ドアは標準タイプのフルチューニングを施しました。

 

いつものようにサービスホールとボルト位置がわかるようにと配慮した作業です。

 

スピーカーもパイオニアで。

 

TS-V173S 60000円 を専用バッフル板を使用して取り付けました。勿論スピーカーケーブルもドアに引き回しました。

 

ツイーターはダッシュサイドに取り付けました。

 

ケーブルも目立たないようマスキングしての取り付けです。

 

ネットワークは助手席足元奥に取り付けました。

 

ステアリングリモコンキットも使用して運転中も基本操作が楽にできるようになってます。

 

取り付け完了後タイムアライメント、クロスオーバー、グラフィックイコライザーを調整して納車しました。

2019年

11月

16日

レノファ山口 ホーム最終戦

 

我がレノファホーム最終戦に行ってきました。

 

今シーズン初観戦がホーム最終戦になってしまいました。仕事柄仕方ないですね~。

そしてなんといっても元代表DFの坪井選手が今季で引退。レノファに大きな影響をいただきました。ありがとう坪井選手!!

 

今シーズンレノファは15位。まだまだですが若手が育って着実に上を目指して進んでますね。

 

頑張れレノファ、ありがとう坪井選手。

2019年

10月

23日

タンクにお手軽システム 

 

常連様の彼女のタンクをお手軽システムで音楽を楽しめる仕様に。

 

ガッツリ予算をかけることは出来ないけどもう少し音質アップで音楽を聴くことが出来ないか?ということでパイオニアのコスパのいい商品群でまとめたシステムで仕上げてみました。

 

ツイーターはダッシュへ。

 

ミッドウーハーはドアチューニング無しですがバッフル使用してきっちりと。


 

ドアからの低音だけではさみしいのでシート下にチューナップウーハーを。

 

トータル60,000円弱での音質アップ作戦。

そこそこ楽しめますよ。

 

こんなシステムもお任せください。

 

ポイントをおさえて少しでも良い音になるように取り付けさせていただきます。

2019年

9月

27日

ハリアーにインストール

 

遠方からお越しのお客さまのハリアーにスピーカー、アンプ、ウーハーの取り付けをさせていただきました。

 

フロントスピーカーは以前インストールさせていただきましたのでリピートでの更なるシステムアップです。ありがたいですね~。

 

 

フロントスピーカーはモレルをインストール。

 

ドアチューニング、ケーブルインストールを含めの作業で取り付けです。

 

とりあえずはサイバーナビの内臓アンプ駆動でした。

 

第2弾システムアップでフロントスピーカー用アンプを増設です。ラインケーブルもこだわって人気ブランドのラインケーブルをインストール。

 

アンプはイタリアの人気ブランドのモスコニ。

ラインケーブルは国産人気高級ケーブルのM&M DESINを使いました。

 

第3弾システムアップはウーハーのインストールです。シート下のチューンナップウーハーを取り付けておられましたが本格的な重低音をということでマクロム12インチウーハーをラゲッジルームに取り付けました。

 

ウーハー用アンプはヘリックスの2チャンネルアンプをブリッジ接続で使用してます。

 

ツイーターはダッシュボード上に取り付けです。

 

遠方から何度もお越ししいただいたオーナーさん、音楽が大好きでいろんな音楽を楽しまれてます。

 

ありがとうございました。

2019年

8月

16日

ホンダN-VAVにJBLスピーカー

 

ホンダN-VANにJBLのスピーカーを取り付けました。

 

商用ベース車の顔をした遊び車です。

ホンダも面白い車を出しますね。

税金も安いし。

 

助手席側はフルオープンになり使い勝手も最高ですね。

 

フロントドアをデッドニング、バッフル板使用

などを施しスピーカーを取り付けしました。

 

ツイーターはAピラーにビス固定させていただき取り付けました。

 

ダッシュボード上には掃除などで邪魔になるのでということでAピラーへ取り付け。両面テープでは夏の高温事情に耐えられませんのでビス止めさせていただきました。

 

純正大画面ナビはそのまま使用しての音質向上委員会!!

 

スピーカーのネットワークは助手席足元奥に隠して取り付け。

 

オーナー様の80年代~90年代の音楽を抜けの良い音になったカーオーディオでお楽しみください。

 

 

2019年

8月

12日

エスクワイア(ハイブリッド) オーディオインストール

 

トヨタ エスクワイアにオーディオの取り付けをさせていただきました。

 

純正ナビにプロセッサー、アンプ、スピーカーのインストールです。

 

車好きなオーナー様、オーディオにも興味を持たれさぐりさぐりのシステムアップですが音質の変化に敏感で楽しんでおられます。

 

ヘッドユニットは10インチ純正ナビ。

 

奥様のご要望でこの大画面ナビは交換せずに音質アップをということでした。

 

ラジャ!!

 

ということでプロセッサーの登場です。

 

今回はドイツの老舗メーカーHELIXのプロセッサーを仕様しました。純正のナビから信号を頂きその音をこの音質音場調整プロセッサーで料理していきます。

 

 

 

 

プロセッサーにはUSBオーディオ入力を追加しましたのでオーナー様のi phoneを繋いでダイレクト入力して音楽を聴くことが可能です。

 

ユニーバーサルリモートコントローラーも取り付けましたので純正ナビの音とi phoneの音を切り替えて聴くことが出来ます。

 

やはりi phoneをダイレクトで聴く方が圧倒的に純正ナビの音よりクリアで良い音ですね。

 

そしてプロセッサーからの信号を受け取るのはドイツの人気メーカーのグランドゼロのアンプ。

 

デジタルミニアンプですのでスペース確保が容易ですね。

 

フロントスピーカーを2WAYマルチで鳴らしますので4チャンネルアンプを使用しました。

 

 

 

アンプ&プロセッサーはリアラゲッジルームの床下収納に取り付けました。ハイブリッド車ですので補機バッテリーがすぐそばにあるので好都合ですね。

 

そしてフロントスピーカーはイスラエルのメーカーモレルを使用。

 

TEMPO ULTRA602をマルチアンプ駆動しました。

 

取り付け完了後PCを接続し専用ソフトで調整してオーナー様に納車です。

 

オーナー様に喜んでいただけました。

 

プロセッサーとアンプの接続ラインケーブルは今回はお持ちの赤白ケーブルでとりあえずつなぎましたが次は高音質ラインケーブルをおすすめしております。

 

ありがとうございました。

2019年

6月

10日

旧MINI ボンネット振動対策

 

以前オーディオ一式を取り付けさせていただいたMINI。

 

今回はボンネットの振動をどうにか出来ないか?とのご相談。ドアチューニングなどで使用するデッドニング材料とボンネット専用吸音材がありますのでGo!!

 

まずは貼り付ける面の脱脂作業。

 

そのあとで振動吸収材をペタペタと貼り込みます。よ~~く押さえ込んで貼り付けていきます。

腰に悪い体勢の作業です。(笑)

 

その上から耐熱性のある吸音材を貼り込みます。

 

エンジンに干渉する部分はよく確認して貼り込んでいきます。

 

 

出来上がりはこんな感じです。

 

懐かしい車ですが大切に乗って旧車を楽しんでおられるオーナー様です。

 

ありがとうございました。

2019年

6月

10日

プジョーCRZ スピーカー取り付け

 

プジョーRCZにフロントスピーカーとスーパーツイーターの取り付けです。

 

なかなか目立つタイプの車ですね。

 

フロントスピーカーはダイヤトーンのセパレート2WAYスピーカーDS-G300を取り付けです。

 

エージングに時間のかかるタイプのスピーカーですが気持ちの良いキレのあるタイプのスピーカーですね。

 

フロントスピーカーにオーナー様からのご提案でスーパーツイーターを組み合わせてみました。

 

パイオニアのTS-ST910を使用です。以前はパナソニックからも発売していましたが今ではこのパイオニアのもののみになってしまいましたね。

スーパーツイーターは単純に高音を補強するものではなく音場の空気感をより気持ち良く感じさせてくれるものでフロントスピーカーだけでは表現出来ない感覚をもたらしてくれます。

 

フロントミッドウーハーは内貼りと干渉しないよう薄いバッフル板を作製しドア全体のデッドニングと裏からバッフル板周りの補強をしています。

 

ツイーターは純正ツイーターの位置に取り付けました。

 

スーパーツイーターは付属のアダプターを使用してAピラーに埋め込みました。

 

太目のピラーでしたので平面部が多く大きく加工しなくても取り付けが可能でした。

 

信号はお持ちのヘッドユニットから。

 

後にハイレゾ対応のデッキに交換したりアンプを増設していくとさらに気持ちの良い音響空間になるでしょうね。期待しています。

2019年

5月

06日

LW型 MPVに9インチナビ

 

以前ナビゲーションをご購入いただいたお客様からのご相談でもう少し大きい画面のナビがつかないか?と。パナソニックの9インチナビはつかないか?と。

 もし可能なら今のナビは他の車に移設してぜひとも9インチ画面で浜田省吾のブルーレイを観たいとのご要望でした。

 

写真は7インチのナビの状態。LW MPVはコラムシフトのためその干渉が心配でした。

 

早速パナソニックCN-F1XDVの仕様調査。特にモニター部の寸法を確認です。

 

そしてめでたく取り付け完了です。

パナソニックCN-F1XDVはLW MPVに取り付け可能です。

 

PポジションのときもOK

 

ドライブポジションの時もOK.

 

ハザードボタンも余裕で押せます。

 

しかもこの機種からは左右にモニターを振れるのでとても便利ですね。

 

最近ではLW MPVに乗られている方は少なくなったと思いますが参考になればと思います。

2019年

3月

18日

スカイライン32GT-R サイバーナビXに入れ替え

 

以前システムを構築させていただいた32GT-Rのヘッドユニットをチェンジです。

 

サイバーナビをサイバーナビXにチェンジです。

取り付けたばかりですがXシリーズの出現にいてもたってもいられずチェンジです。

 

取り付けていたサイバーナビは奥さまの車にお嫁に行きました。

 

サイバーナビの状態です。

 

サイバーナビXにチェンジ!!!

 

音質アップです。表現能力がかなりアップしました。

 

調整も以前のデータを基本にさらに時間が経ってますので調整を加えました。

 

車もオーディオを大切に長く使っていただけそうですね。

 

ありがとうございました。奥様も・・。

2019年

3月

17日

ホンダ シビック

 

シビックにスピーカーののせかえです。

 

ミッションのシビックに・・と聞いていたので中古のタイプRにでも思ってましたが現行シビックでした。

 

女性オーナーですから珍しいですよね。

 

 

ミッドウーハー部はインナータイプの取り付け。既製品バッフルを使用してコストを抑えます。

 

ツイーターは純正位置にバッチリ入りました。

 

ちなみに取り付けたスピーカーはモレルのマキシモ6になります。

 

純正デッキの調整機能で出来る限り調整をかけ納車です。

 

ヘッドユニットを社外品に交換をおすすめして音質アップを!

2018年

10月

11日

人気のサイバーナビ Xの実力

 

12月には8インチモニターの発売も決まっている人気のハイエンドヘッドユニット サイバーナビXシリーズ。

当店でもお問い合わせが相変わらず多いですね。オーディオマニアばかりではなく初心者の方からもお問い合わせが多いですね。

 

このサイバーナビ Xシリーズ。ハイレゾ音源もネイティブ再生(96kHz 24bit まで)に対応しており車の中でたのしめます。LIVEものなどリアルです。

 

それとなんといっても実際に音を聴いてみて驚いたのがCDなどの音源もハイレゾ音源相当に変換して再生してくれる「マスターサウンドリバイブ」機能ですね。これは本当に使えます!!

 

今までも圧縮音源などを疑似的に高音質モードにして再生する機能がいろいろとありましたが私個人としては疑似的機能は好きではありませんでしたし実際に音楽的要素が欠落するのでお客様にもおすすめしてませんでした。

しかしこの「マスターサウンドリバイブ」機能はパイオニア開発者の目から鱗てきなある発見から導き出した機能でとても自然な音質変換をしてくれます。詳しい説明はこちらから

2018年

10月

08日

アクア スピーカー取り付け

 

ホームオーディオ好きなオーナー様のアクアの音質アップ作業です。

 

やはり純正スピーカーのお粗末な音に耐え切れず音の出どころだけでも変えて車の中でも少しは良い音でということでご相談いただきました。

 

オーディオのノウハウはよくご存知なのですがカーオーディオのドアのチューニングというのは特殊なところなのでデモを使ってご説明させていただきました。

 

家で言えば基礎となるドアチューニング、本来であればこれなくして音質アップは始まりませんからね。

 

スピーカー取り付けバッフル板もメーカーが発売している金属系のものを使い振動対策しスピーカーユニット自体の性能を発揮出来るようとりつけました。

 

ツイーターはオンダッシュで取り付け向き調整をしての取り付けです。

 

人の耳はは高音域が出ている場所から全体的に出ているように感じる性質があるのでツイーターを上の方に取り付けることによって音像が上の方に上がって聞きやすい定位になります。

 

高音と中低音を各スピーカーに振り分ける役目のネットワークは助手席の足元奥に設置しました。

 

 

きっちりスピーカーを取り付け納車させていただきました。音の変化に満足いただけたようです。

 

ヘッドユニットは純正のままですのでサイバーナビかサウンドナビに取り換えるとさらに別物の音に変化していくと思います。期待してます。(笑)

2018年

10月

05日

マツダ CX-3  DSPアンプ

 

古くからのお付き合いのお客様が購入されたばかりのマツダCX-3にオーディオを取り付けさせていただきました。

 

アクセラに永く使われていたシステムを取り付けていて相当気に入られていたのですがこの度ヘッドユニット交換不可の車のためシステム変更です。

 

今回のシステムの核となるのがオーディソンのDSP内臓4チャンネルパワーアンプ。

 

マツダコネクトオーディオより信号を取り出しこのDSPアンプに入力し音調整したものをアンプから出力します。

 

新規フロントスピーカーと以前からお持ちのウーハーをこのアンプで駆動します。リアスピーカーは純正のままにしておりますがほぼ鳴らしません。

 

スピーカーはドイツの老舗メーカーへリックスです。ドアチューニング後アルミのスペーサーとバッフル板の組み合わせできっちり取り付けました。

 

ツイーターはダッシュボードに取り付けです。近くに純正ツイーターがありますがあえて中に入れず外に取り付けます。純正位置の中に入れてしまうと純正グリルで高域がかなり遮断されてしまいますし向きも上を向いてしまいますのでよっぽどのリクエストが無い限り露出して取り付けます。

 

ウーハーは以前からお持ちのエンクロージャー型のウーハーをラゲッジルームに取り付けです。

 

DSP調整にて後ろに引っ張られないようフロントスピーカーとうまく繋げていきます。

 

マツダコネクト仕様の現在のマツダ車はBOSEシステム意外音を良くする方法は無いと思われがちですが、このように音質のシステムアップは可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

2018年

9月

30日

ジムニーJB23 にオーディオ

 

友人のハイリフトジムニーにオーディオ一式取り付けです。

 

低身長、短足の私には作業効率が悪い車です。(笑)(笑)

 

ヘッドユニットはパイオニアDEH-970。

 

プロセッサー機能搭載のヘッドユニットです。

USB,ブルートゥース、CD、ラジオ、SDとあらゆる音楽ソースに対応したものです。

 

スピーカーは純正はキックパネルに10cmスピーカーがついている厄介者システムですのでドアに取り付けるように鉄板カット加工します。鉄粉、切り口の処理をきっちり行いサビ対策も行いました。

 

ドアチューニングもバッチリ施し16cmユニットがきっちり鳴るよう仕上げます。

 

アウターバッフルを作製し取り付けました。

 

ドアポケットも3分の2は残してあります。

 

ジムニーのドアは薄いのでどうしても低音がすくなめになるためシート下にチューンナップウーハーを取り付け低音を少しばかり補強します。

 

ドアのチューニングとヘッドユニットのプロセッサー調整で自然な低音の繋がりを再現します。

 

ツイーターはオンダッシュで。

 

ちなみにスピーカーはモレルマキシモ6になります。

 

そしておまけ?でオーディオテクニカのDAコンバーターを取り付けポータブルオーディオでハイレゾ音源も聴けるようにしました。

 

ヘッドユニットのAUXに入力です。

 

取り付け完了でプロセッサー調整を行い納車です。

 

作業の乗り降りが大変でしたが良い音に仕上がりよろこんでもらいました。

 

ありがとう!!!

2018年

9月

21日

マツダ クロスロード

 

人気ハスラーのOEMマツダ クロスロード。

 

若手常連さんのアクセラからの移設&ヘッドユニットとウーハーの取り付けです。

 

ヘッドユニットは三菱ダイアトーンの高音質ナビヘッドユニットNR-MZ200になります。

 

 

 

スピーカーはモレルですね。

 

ドアチューニングを施しロックのギュインとした中域の主張の強さを表現します。

 

ウーハーは新設でロックフォードのアンプ内蔵型ウーハーを取り付けました。

 

音圧がかなり稼げるウーハーです。ので、輪郭がぼけないようにフロントスピーカーとうまく繋げ調整でまとめていきます。

 

当店のデモカーにちょうどいい色のクロスロードです。

 

ロック好きなオーナーですのでガンガン鳴るようガツンと取り付け完了です!!

2018年

9月

20日

Xサイバー・カムリにスピーカーでグレードアップ

 

6月の納車直後にXサイバーナビを取り付けさせていただいたカムリ、早速フロントスピーカーをインストールでシステムアップです。

 

ドアのチューニングも施しインストールするのはパイオニアTS-V173Aになります。

 

ネットワークは助手席足元奥に取り付け設置しました。

 

 

 

ツイーターはダッシュ上に取り付けです。

 

配線も見えないように純正グリルに穴を開けさせていただいて取り付けています。

 

取り付け終了後、Xサイバーを再び調整し納車させていただきました。

2018年

9月

20日

初代フォレスターにサイバーナビX

 

懐かしの初代フォレスターに人気ハイエンドヘッドユニット

カロッツェリア AVIC-CZ902XS

を取り付けました。大事に乗られている車で

オーディオシステムも往年の名器オンパレードのシステムです。今回はサウンドモニターのプリアンプの故障で修理不能ということでサイバーナビXを導入することになりました。

 

スピーカーはディナウディオの2wayスピーカー、サブウーハー、アンプはオーディソンVR209を3本使用のマルチ駆動システムになっております。

 

なつかし~~。

 

そこへ新規のサイバーナビXの投入。

 

ここだけいきなり新商品という面白いシステムです。

 

以前のCD再生も良かったですが今回のヘッドユニット入れ換えによって最新のメディアにも対応しさらにハイレゾ音源も往年の名器たちで再生するという楽しいシステムに大変身です。

最新のブログ

フェイスブックページでも日々の様子をラフな感じでアップしています。どうぞご覧ください。

下のロゴをクリックしてお入りください。

「スタイルワゴンクラブ」に取材記事が掲載されました。匠のオーディオプロデュース術というコーナーでお客様と当店が紹介されています。是非ご購入ください。